上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
怒濤の慣らし保育期間も、はや10日。実質7日間がなんとか終了しました。
この10日間は、子どもはもちろん、親もそれなりに大変でした。

子どもは先週末の土日、慣れない環境に変わったせいか熱を出しました。週明けの月曜、果たして大丈夫かと不安になったけど、その回復力は大したものです。なんとか今週は一度も休まずに、無事保育園に通うことが出来ました。

慣らしの時期だけに、朝はまだ泣いてるし、帰ってきてからもやたらとベタベタ甘えたり、いつまでもびーびー泣きわめいていたり、いろいろです。でも、子どもなりにそうやって、揺れながら自分の中で変化を受容しているプロセスを目の当たりにすると、大したもんだなあと感心してしまいます。

今週に入ってから、私が受講した「元気にママチャレ!」の第4期がスタートしています。
今回は定員を大幅に上回る募集人数だったらしく、抽選で受講者を決めたとか。開講式の会場がスカスカだった去年の春を思うと、一年でずいぶん状況って変わるものだと思います。
(そもそも去年の今頃は、まさか百年に一度と言われるほどの大不況になるとは誰が予想していたでしょう?)

一年経って、受講した仲間の中からも、仕事を再開した人がかなり増えました。
フルタイムで週5という人もいれば、週3か週4でまだ育児用にシフトダウンした働き方(私はここに入ります)の人もいるし、一度始めたパートを理由があって辞めた人もいます。また、起業準備を始めた人もいます。
今のところ仕事には就いていないけれど、その分もっと本格的に学ぼうと別の教育機関の門を叩いたり、資格試験を受験して合格証を手にした人も・・・。
人ぞれぞれ、自分なりに考え、いまの状況に一番見合った選択をしてのことでしょう。

講座の主催者からは、定期的に再就職状況がチェックされます。しかし、同期生仲間の共通点は、言ってみれば去年の春から夏にかけて、たった3ヶ月机を並べた同志である、ただそれだけ。
自身の年齢も、子どもの有無や年齢、それまでに経験してきた職歴もさまざま、そして性格や志向もバラバラです。
そのメンバーが、みんな揃って同じ時期に就業するというものでもないし、むしろそれでいいのだと思います。

去年の春、私はまだ「他の人と比較したときにカッコイイと思える働き方」や、「華やかに活躍したり、それなりの稼ぎのある仕事」に未練たっぷりでした。講座のメインでもあるキャリアプランニング・ゼミナールでも、最初の頃はかなり突っ走った印象を持たれていたことでしょう・・・今となっては、穴があったら入りたいくらいですが(苦笑)。

今考えていることは、どうも採算が取れるか怪しい。けれど、なんとかしてそれをやっていけないかな?と考えているのはワクワクする・・・そんな仕事のことです。それを趣味ではなく、きちんとしたビジネスに出来ないか?と、このところずっと考えています。

最近、ある人間関係から、タイミングというものをとても考えさせられました。
やりたいことではあっても、一人でやることにどうにも勇気が出なかったのですが、誰もいなくなってしまえば、一人でやるしかありません。
みんな一緒でないことは、とても心細いけれど。
1歳児の頑張りに負けないよう、私も自分らしく、小さくてもいいから、新しい一歩を踏み出そうと思っています。
スポンサーサイト
2009.04.11 Sat l こども l COM(0) TB(0) l top ▲
慌ただしく3月が終わり、4月に入りましたね
バタバタしてたのでblogの方もすっかりご無沙汰してました

保育園騒動も表面的にはひと段落して、みんなそれぞれ選択した新たな場所に
踏み出していったことでしょう

我が家も入園式を済ませ、現在慣らし保育期間ですが、今のところ
連日泣き通しです(苦笑)
涙と鼻水とよだれで顔中ぐしゃぐしゃになって、ひっくひっくしゃくりあげながら
「ママ、ママ!」とすがりついてくる子どもを置いて仕事へいく母・・・

とはいえ、これも一時のことだとわかっているので
保育士さんに「よろしくお願いしま~す♪」、と涼しい顔の毎日です
・・・ちょっと鬼母でしょうか?


しかし、民間園にいた頃より明らかに登園時間が早くなり、
慣らし保育が過ぎれば退園時間も遅くなり、一日あたり3時間ほど
仕事をする時間が増えることになります
これをどううまく使うか・・・というか、うまく使わないと申し訳ない、と
自分を奮い立たせています

新しい年度が始まり、陽気もあたたかくなってきます
寒くて日も短かった冬も終わり、何かを始めるには絶好の季節です
年度区切りで手帳を新調したので、予定表を眺めながら
あれこれと考える毎日が、とても楽しい今日この頃

計画倒れにならないよう、また積み残してある宿題にも
着実に手をつけていこうと思っています
2009.04.04 Sat l こども l COM(0) TB(0) l top ▲
夏休みに入りましたね

保育園までは夏休みといえど、あまり状況に変化はないのですが
小学校に上がるようになると、一ヶ月半もの間子供は休み・でも親は仕事、
という変則的状況になって、親が仕事中子供をどう過ごさせるか、
頭の痛いことになります

もちろん学童保育はあるけど、夏休みはあの頼りになる給食がない!
というわけで「お弁当持参問題」(←大袈裟?)が発生するわけです

スペースに余裕のあるところはいざ知らず、ほとんどの学童には
人数分のお弁当をしまえるほど大きな冷蔵庫があるわけはなく、
夏場のお弁当の傷みを気にしながら、痛みにくい食材選び&
保冷剤付けてなんとかしのぐしかない、というところでしょうか?

この間一緒に校外パトロールをしたあるお母さんは、「夏休みの学童でも
保育園みたいに給食出してくれればいいのにー!」
・・・気持ち、わかります

このお弁当というのが、またちょっとクセモノなんですよね
どうも「母の愛情」のバロメーターと化してしまいがちな存在、というか
夏休みという短期間くらい、愛情溢れる母なら弁当作って当然!
子供に安全で、栄養ある昼食を食べさせたいと思わないのか!?
という無言のプレッシャーが、その背後に見え隠れするというか・・・

他者からのプレッシャーだけじゃなくて、じつは自分の中からも
「夏休みくらい、お弁当作ってあげてもいいじゃん!」
「手間はかけなくても、きっと子供は喜ぶはず!」
「週に一回くらいだったら、ちょっと凝ったオカズ作れるかもしれないし!」
・・・で、結局出来なくてドツボに嵌る、という(爆)


ちょっと弁当の話題で脱線しましたが

日本は福祉、という考え方がとても硬直的なんですよね

・働かないと食べられない可哀想な家庭の子 → 保育園で面倒見てやる
・小学校は教育機関 → 幼稚園っ子も保育園っ子も教育的視点で管理する

と2コースしかなくて、ある意味3歳からはコースとしての連続性がある
幼稚園っ子に比べ、保育園っ子は小学校入学で大きな断層がある
子供に手をかけられる余裕があり、またそれが好きな母はいいけれど
そうでない母にとって子供の夏休みというのは、結構負担です

まあ小学校も3,4年生くらいからは子供も大きくなるし、また事情が変わる
(多少はお留守番の信頼性が増す、とか)ことになりますが、
それまでの間、しばし夏休みの小学生問題は続きそうです・・・
2008.07.20 Sun l こども l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。