上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この土日に、三軒茶屋のキャロットタワーで開催されていた
「わくわくワークフェスタ in 世田谷 2008」に行ってきました
http://www.npo-showa.net/laplace/wakuwaku.html

印象としては、「ワークフェスタ」って名称からイメージするものより、
もっとずっと手作りっぽい感じでしたね
(幕張やビッグサイトあたりでよくやるビジネス見本市、ってイメージを
事前に抱いてたので)

「自分の好きなこと(エコ素材の服/自然素材を使った食べ物/子どもが
楽しめる玩具の販売や、癒し系のサービスを提供する 等)」を仕事にした人たちが
それぞれのブースを出展してて、一件ずつは非常に小さかったです

キッチンが併設されていたので、そこで作られたカフェメニューを
真ん中にあるテーブルで食べたり出来ました
ワインとおつまみのセットもあって、てっきりアルコールは出ないのかと
思っていた自分が、速攻で注文したのは言うまでもありません(苦笑)

時節柄ボジョレーも解禁されてるし、どうしても誘惑に勝てない体質w


感想としては、ちょっと辛口になってしまうのですが、全体的に
「出展者情報がわかりにくい」、と感じました

何を売ってるのかは見ればわかるんだけど、ワークフェスタというからには
もっと「起業するにあたってのバックストーリィ」的なものが語られるのかなと
期待したんだけど、焼き菓子を買ったあるお店で「起業してからどれくらいか」
と「苦労はなかったか」を尋ねてみたものの、前者はともかく、後者は
ブースにいたのが単なる売り子さんだったので、まったくわからずでした

「オーナーは忙しそうだけど、自分の好きなことをしてるので楽しそうですよ」
というのは確かにそうなんだろうなあ、とは思いました
ただ商品を買うブースだけじゃなくて、アロママッサージとかをやってるブースも
あったので、そこで聞けばもう少し詳しい話が聞けたのかも

女性が中心になるこうした催しは、割とこういうイメージがありますね
いい匂いがしてて、ゆる~くて優しい雰囲気で、あまりビジネスビジネスしてない、
というか
来場者も、出展者の関係者が多そうな感じがしました

でも個人的には、もうちょっとビジネス要素が入ってもいいように思えますね
あそこで商品買ったり、マッサージ受けたりする「その場限りのやりとり」が
その後のビジネスにつながる展開をあまり想像出来ないような・・・

商談の機会というより、ただふらっと来た人が適当にお店を冷やかしたり
飲食したりする、というだけのイベントなら、ちょっともったいないと思うのです
「とにかく知ってもらえれば」「あまりガツガツと商談したくない」、というのは
わかる気がするけど、でもちょっと「惜しい」という印象はあります


もし自分がこういうイベントを開催する側なら、各ブースのところに
もう少し詳しい出展者情報を載せますね
あと、飲食スペースであるテーブル周りにもパンフレット置くとか・・・

わざわざ勇気出して「そちらのお店は~・・・」って聞かないでも
そのお店をやってる人たちの理念とかやりたいこととかが
来場者にわかる工夫がもっとあってもいいように思いました

・・・HPも、もう少し力入れたいところですよね~(笑)


でも、実際ああして頑張ってる人たちをまとめて見るのは、やはり刺激になります
NPOもいいけど、やっぱり起業も面白そう♪

スポンサーサイト
2008.11.24 Mon l イベント l COM(6) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。