上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この土日に、三軒茶屋のキャロットタワーで開催されていた
「わくわくワークフェスタ in 世田谷 2008」に行ってきました
http://www.npo-showa.net/laplace/wakuwaku.html

印象としては、「ワークフェスタ」って名称からイメージするものより、
もっとずっと手作りっぽい感じでしたね
(幕張やビッグサイトあたりでよくやるビジネス見本市、ってイメージを
事前に抱いてたので)

「自分の好きなこと(エコ素材の服/自然素材を使った食べ物/子どもが
楽しめる玩具の販売や、癒し系のサービスを提供する 等)」を仕事にした人たちが
それぞれのブースを出展してて、一件ずつは非常に小さかったです

キッチンが併設されていたので、そこで作られたカフェメニューを
真ん中にあるテーブルで食べたり出来ました
ワインとおつまみのセットもあって、てっきりアルコールは出ないのかと
思っていた自分が、速攻で注文したのは言うまでもありません(苦笑)

時節柄ボジョレーも解禁されてるし、どうしても誘惑に勝てない体質w


感想としては、ちょっと辛口になってしまうのですが、全体的に
「出展者情報がわかりにくい」、と感じました

何を売ってるのかは見ればわかるんだけど、ワークフェスタというからには
もっと「起業するにあたってのバックストーリィ」的なものが語られるのかなと
期待したんだけど、焼き菓子を買ったあるお店で「起業してからどれくらいか」
と「苦労はなかったか」を尋ねてみたものの、前者はともかく、後者は
ブースにいたのが単なる売り子さんだったので、まったくわからずでした

「オーナーは忙しそうだけど、自分の好きなことをしてるので楽しそうですよ」
というのは確かにそうなんだろうなあ、とは思いました
ただ商品を買うブースだけじゃなくて、アロママッサージとかをやってるブースも
あったので、そこで聞けばもう少し詳しい話が聞けたのかも

女性が中心になるこうした催しは、割とこういうイメージがありますね
いい匂いがしてて、ゆる~くて優しい雰囲気で、あまりビジネスビジネスしてない、
というか
来場者も、出展者の関係者が多そうな感じがしました

でも個人的には、もうちょっとビジネス要素が入ってもいいように思えますね
あそこで商品買ったり、マッサージ受けたりする「その場限りのやりとり」が
その後のビジネスにつながる展開をあまり想像出来ないような・・・

商談の機会というより、ただふらっと来た人が適当にお店を冷やかしたり
飲食したりする、というだけのイベントなら、ちょっともったいないと思うのです
「とにかく知ってもらえれば」「あまりガツガツと商談したくない」、というのは
わかる気がするけど、でもちょっと「惜しい」という印象はあります


もし自分がこういうイベントを開催する側なら、各ブースのところに
もう少し詳しい出展者情報を載せますね
あと、飲食スペースであるテーブル周りにもパンフレット置くとか・・・

わざわざ勇気出して「そちらのお店は~・・・」って聞かないでも
そのお店をやってる人たちの理念とかやりたいこととかが
来場者にわかる工夫がもっとあってもいいように思いました

・・・HPも、もう少し力入れたいところですよね~(笑)


でも、実際ああして頑張ってる人たちをまとめて見るのは、やはり刺激になります
NPOもいいけど、やっぱり起業も面白そう♪

スポンサーサイト
2008.11.24 Mon l イベント l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

女性起業のイメージ定着か
久しぶり!私も23日の日、あのあと「早退」した後(爆)ちょっと待ち合わせまで時間があったので急いで行ってみましたが、入った瞬間、「起業」というからには、ビジネスを想像したのですが、まったく「学園祭」みたいで、すごくがっかりでした。やっぱり「女性の起業」というと、手作り・占い・癒し等々なのか・・・と、そしてはあまり会場全体から真剣な様子が感じられず、女性起業をネタにお金が出ている自治体の消化試合みたいに感じました(酷い辛口でスミマセン)。もちろん、癒し・占いを否定しているわけではなく、立派な事業だと思っていますので、企画、出展の方法に課題があったと思います。そのことはアンケートにがーっと書き込んで、最後LUSHの化粧水(景品)を頂いてきました。ただ、私個人は和紙のブースを出している、女性の方にはとても関心がありまして、名刺を貰ってきました。ママチャレの一期生の方、というのがよくわかりませんでした。
2008.11.27 Thu l 晴れ. URL l 編集
世田谷区は恵まれているのでは。
生活に潤いを与えるような
趣味の延長なのでしょうか。

世田谷区は恵まれた区だと思います。
うらやまし~~です。

私はこのフェスタに行っていませんが、
鎌倉の小町通りのような印象?あそこも素敵なお店が多いのですが、
4時くらいで閉店する「趣味のお店」が多いです。

さて・・・私見ですが、
スモールビジネスは
やはり、モノが流通しない
(もしくは少ない)ビジネスが
よいような気がします。
ストックを抱えないからです。

ではなにが?というと
だれか教えてください!!!!
2008.11.28 Fri l あらら~♪. URL l 編集
私もLUSH(笑)
>晴れさん
ママチャレ1期生の方が出展されてたとは知りませんでした!どのブースだったんだろう・・・?
あと、和紙のブースも記憶にない・・・まあちょこまか動く娘を追っかけながらだったので、どれもじっくり見られてないのですが(苦笑)

会場の雰囲気に活気はなかったけど、でも「ヤル気なかった」とも思わないんですよね~・・・消化試合だとしても、このご時世にその予算がかけられる状況自体が幸運だと思うし。
「自分だったらどう出来た?」ということ、先週から考え続けてます。
2008.11.29 Sat l esumi-yuki. URL l 編集
趣味とビジネス
>あらら~♪さん
あらくみさん?それともこちらではお初の方でしょうか?もしそうなら、ようこそ♪

趣味の延長からビジネスを始める、というのは、最初に元手がなくても始められるから悪いやり方じゃないと思います。精神的な参入障壁が低いというか。
サービスの提供も、在庫レスで確かに安全ですよね。ただ経費として人件費がかかることになるので、自分一人か少人数が手弁当でやってるうちはいいけど、ビジネスとして拡大したくなったとき、そこがネックかなあ、と。
物販だったら、儲けの上乗せがしやすいですもんね。

何を専門にして売って、どう利益を得るかって、一筋縄じゃいかないんですよね~。
ここらへんをわかりやすく書いた「竿だけ屋はなぜ儲かるのか」「スタバではグランデを買え」が流行った理由、わかる気がします・・・(これらの本を読んでも「じゃあどうする?」は絶対つかめないけど)
2008.11.29 Sat l esumi-yuki. URL l 編集
スミマセン。あらら~♪はあらくみです。
すみません。紛らわしくて。
あらら~♪はあらくみです。

スモールでもなんでも
「儲け」が欲しいです。
(守銭奴♪音頭♪よ♪)。
そうなると

※安定した資金源(資金繰り)
※節税(出費を控える)。
そしてデッドストックを持たない。

ですよね~
初期投資はできるだけ避けたい。
やっぱ「儲け」がなくっちゃって。

NPOでも株式でも
生活なりたつくらいはやっぱり欲しいですわ。

こんなこといっていたら
NGO概論の先生に
張り倒されそう・・・。

でも趣味で儲け関係なく、
優雅なお仕事ができるのは
一番幸せかも~(#^.^#)
2008.11.29 Sat l あらくみ. URL l 編集
昭和の運営でした
「自治体の消化試合みたい」とあまりよろしくない表現で書きましたが、この事業自体の運営(企画など)は昭和がやっていますね(NPO法人として)。ということで、ややフクザツな気持ちです。

こうした女性の再チャレンジに関する事業自体は厚生労働省より助成金や委託事業費がおりています。国を挙げての「ワークライフバランス」政策の実施のためだと思います。今は予算がつくときなので、私も追い風に乗りたいです。
2008.11.30 Sun l 晴れ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mamachare.blog17.fc2.com/tb.php/37-fc00e06d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。